どうも。InfreeJ.Nです。

 

大変ショックな出来事がありました。

それは、とある10月××日、W社長とMさんと2件目の某お店で、水のような水割り(自分でお願いしたのですが)を飲んでタクシーで帰宅した夜のこと。

 

アルコールにすぐ負けてしまう自分の体にがっかりしながら

眼鏡をポイッとソファの上に置いた。

 

そのまま服を脱いで風呂に入った。

 

風呂から出てきてソファの後ろにある着替えを取ろうとして

ソファに膝を立てた。

 

パキ

 

酔いが、覚めた。

寝過ごして時計を見たときと同じくらい覚めた。

 

一瞬で理解した。ソファと私の膝の間で起こった事件を。

膝を、どかしたくなかった。現実に目を向けるのが怖かった。

 

しかし、いつまでも固まっているわけにもいかない。

私は意を決して膝をどかしてソレを見た。

 

なんという幸運。不幸中の幸いと言うべきか。

私の想像では真っ二つだった眼鏡は、その衝撃をソファに吸収され、パッド(鼻の当たる部分)の部分のみの損壊で事なきを得ていた。

 

メタボだったら間違いなく真っ二つだっただろう。

自分の体重に感激した。

 

しかし壊れてしまったことに変わりはない。

6万円もした眼鏡。4年は使うつもりだったのに。

まだ1年半。

 

使えないこともないが、折れた眼鏡をメインとして使っていくわけにはいかないので、次の日買いに行くことにした。

 

私は折れた部分を接着剤で接着し、眼科へ行った。

眼科へ言ったのは、先の健康診断で既に今の眼鏡が合わなくなっていた為だ。(本当ならレンズの変更だけですんだのに・・・)

 

眼科の看護婦が今の眼鏡の度を見たいというので眼鏡を渡した。

数分後、看護婦が青い顔をして私のところにやってきた。

 

「もうしわけありません、眼鏡を壊してしまいました(>_<)

 

私は答えに困った。どう答えるべきか。

もともと壊れていたと正直に話すべきか。

いや、黙っていたら新しい眼鏡を買ってくれるかも。

 

答えが見つからぬまま、私は間抜けた返事をした。

「ああ、そうですか(-_-)

 

答えてから私の本心は後者だったと気付いた。

人間だもの。

 

看護婦は修理してきますと言って隣の眼鏡店に走っていった。

なんだ、新品じゃないのか。

 

程なくして私の接着技術のほうがよっぽどキレイにできていた、と思われる出来栄えで私の眼鏡が戻ってきた。接着部分がズレている。

自業自得か。

 

以降は滞りなく視力の検査をして眼鏡の処方箋をもらった。

割引が利くという事で、隣の眼鏡店で眼鏡を買うことにした。

あのへたくそな接着をしたやつを見てやろう。

 

「いらっしゃいませー(^_^)

 

小さい店なのに店員が4人もいる。だれだかわからない。

犯人探しを諦めて眼鏡を選ぶ。

 

私の眼鏡は今3代目だ。2代目と3代目が黒縁で初代は縁なしだった。

久しぶりに縁なしにしよう。壊れやすいということには目を瞑った。

 

レンズとセットで25000円。値段は3代目と比べるとだいぶ劣るが致し方ないだろう。

私は店員(若い兄さん)を呼んだ。

 

「これください(^_^)

「ありがとうございます、それではこちらにお掛けください(^_^)

 

お互い愛想笑いを浮かべて向かい合った。

 

「只今こちらのレンズは大変壊れやすくなっておりますので、プラス20000円でこちらのレンズは如何ですか?(_)

 

なんだとう。

ピクピクしながらもそこは紳士たる私。大人の対応をした。

 

「え?セットってそんな酷いレンズ使ってるんですか?」

 

そんなことを言っても何も変わらない。私は眼科で処方してもらったら10%OFF、さらに診療代金分値引きというコンボに負けた。

 

「来週の仕上がりになります( ̄ー ̄)

 

なんだかちょっと勝ち誇った感のある店員に挨拶し店をでた。

ということで明日から新しい眼鏡で出勤。

実はコンタクトの処方もしてもらったのだが、それはまた別のお話。


でわでわ。

 

Post Navigation