インフリー技術情報発信ブログ

ERP(SAP)導入コンサルティング、ABAP開発、ホームページ制作、WEBシステム構築などを手掛ける、株式会社インフリーです。

排他処理について その4

ロックモードについてです。

ロックモードは、3種類あります。
E:排他ロック
S:共有ロック
X:排他ロック(累積なし)

 

なにが違うのかというと・・・

ロックモード毎に、ロックエラーになる場合とならない場合が異なります。

わかりにくいので、表にすると下表のようになります

6a0128758dc1c4970c0133f58e10e5970b

縦列は、初めにロックしているロックモード。横列は、ロックエラーとなるキーで2回目以降ロックモジュールを
コールする時のロックモードです。「OK」がエラーとならないケース、「NG」がエラーとなるケースです。

基本的には、「E」であれば大半の要件を満たせると思いますが、状況に応じて、使い分けると、
玄人っぽいかもしれません。

では、今回はここまで!

 

インフリー技術情報発信ブログ © 2013 Frontier Theme